マツリズム

マツリズムとは

Vision&Mission

マツリズムが描く未来、それは「多様な人が混ざり合い支え合う、感謝と受容の社会」である。

日本は人口減少社会に入り、地域の心のインフラである祭りの多くが継続の危機にあると言われている。
担い手は祭りの継承のため、様々な知恵を絞っているが、突破口がなく消失してしまった祭りも多い。

しかし、マツリズムは祭りの「危機」を地縁を超えた新たなつながりを創出する「機会」と捉えている。

なぜなら、祭りや地域文化への関わり方がわからない若者や外国人が多く存在するからだ。

彼らが地域の祭りに混じることで、たくさんの笑顔が生まれ祭りの担い手を元気にしていく。
祭を通じて地縁を超えた新たなつながりが生まれ、性別・世代・職業・人種をも超えて混じり合い支え合い、笑い合える世界が広がっていく。

祭りの力で、人と町を元気に。

Let’s be a part of Matsuri.

団体概要

一般社団法人マツリズム
設立:2016年11月30日 
住所:東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷4F(MAP
電話:050-5319-9350
メール:info@matsurism.com

事業内容:
・地域の祭参加型ツーリズムの企画
・祭りの担い手向け課題解決サポート
・祭りに関する調査研究 など

japan tourtism awards オーライ!ニッポン

メンバー

大原 学(Manabu Ohara)
共同創業者/代表理事/マツリテーター

1983年神奈川県南足柄市生まれ。幼少期から祭りに強い憧れを抱いて育つ。 大学在学中に祭りの魅力に目覚め、米国留学時にはソーラン節の普及を行う。 日本GE株式会社、NPO法人クロスフィールズでの勤務を経て、2016年に退職、マツリズムを設立。
永池 友輔(Yusuke Nagaike)
コミュニケーションサポーター(広告系企業勤務)

千葉県出身。大学在学中に大原と知り合い、現在は広告系会社に勤務しながらマツリズムの活動に携わる。お祭りの魅力は同じ方向に向かうことで人が繋がっていくこと。踊ることも好きで趣味でよさこい(よさこいチーム「 Otonock」 )、阿波踊りなどにも参加している。
西嶋 一泰(Kazuhiro Nishijima)
特別顧問/祭り研究者 (島根県立大学講師)

東京出身、島根在住の民俗学研究者。日本学術振興会特別研究員として全国の祭りを調査研究する中、地方に可能性を感じ、2016年に島根県大田市の地域おこし協力隊となる。地方創生や地域づくりの現場で経験を積み、記事映像制作やファシリテーションも行う。あらゆる祭りを圧倒的熱量でその歴史的背景と文化的魅力について語る。
三井 悠(Yu Mitsui)
プロジェクトマネージャー (環境系IT企業勤務)

千葉県出身。専門学校でサッカーを専攻したり、大学で心理学を専攻したり、教育系の会社を起業したり、高校で国語の教員をやったり、環境系の会社に勤めたり。マツリは祀り。そこにあるのは祈り。その祈りを紡いでいきたい。
今場 雅規(Masanori Komba)
マツリテーター/ライター (都市計画コンサルタント)

愛知県出身。教育学、都市計画を学んだ後、自治体職員を経て、現在は都市計画コンサルタント。”ご近所づきあい”への憧れから、荒川区でコミュニティづくりイベント「talk ARAKAWA」を開始。マツリズムには、大原の理念への共感から2016年より合流、東京都墨田区での担い手支援や、福島県広野町、石川県輪島市のお祭り調査開拓に参画。
矢嶋 純也(Junya Yajima)
祭りイベントプロデューサー (空間デザイン/広告イベント系企業勤務)

埼玉県出身。大学では社会学を専攻しながらよさこいなど踊ったり、お祭りに関わる。社会人1年目、予期せぬ転勤で絶望メンタルだったとき、SNSでマツリズムの活動を目撃、弾丸で東京突撃したのが大原との出会い。「いつでも、どこでも、誰とでも」繋がれる世の中だからこそ、「今だけ、ここだけ、あなただけ」が味わえる、お祭りの魅力に引き続き夢中。
伊藤 悠喜(Yuki Ito)
スーパー秘書

栃木県出身。2010年より約2年間ニューヨークで生活。「日本人なのにヨーロッパの楽器(ピアノ)を習っていたの?」という現地友人の言葉にハッとし、日本文化を見つめ直す。帰国後は長唄三味線と和太鼓に勤しみ、太鼓で出会った大原と祭に参加する中、マツリズムの理念に共感。日本の時代・人・文化を紡ぐ「祭」を守りたいと思うようになる。

祭りの担い手の方へ

祭りの担い手の方へ 祭りの担い手の方へ

地域の祭りに新たな賑わいを一緒に生み出しましょう!

祭り参加希望の方へ

祭り参加希望の方へ 祭り参加希望の方へ

初めてでもOK!祭りに参加してみたい!